fbpx
げんさん

アトピーや喘息のアトピーや喘息の

住環境専門家 株式会社 電研

アトピーや喘息の

加古川・姫路・明石エリア

CONCEPTコンセプト

プロフィール

げんさんの顔写真
self‐introduction

はじめまして!

杉浦元記(すぎうら もとよし)です。
お客さまや仲間からは
「げんさん」と呼ばれています。

ぼくは
アトピーとアレルギー体質を
「家から治す建築やさん」です。

「えっ、
アトピーやアレルギーと『家』に
関係があるの?」

そんなふうに思われる方もいると思います。
そうですよね。

小さい頃からアトピーで苦しんでいた
ぼく自身も、まったく知りませんでした。

アトピーの激しいかゆみと痛みで
文字どおり眠れない日々を過ごしながら
プロの建築やさんとして、
さまざまなリフォームや
新築のお家を手がけるうちに

「家から治せるアトピーがあるんだ!」

と、気づいていったんです。

episode

アトピーが打ち砕いたぼくの夢

ぼくは、物心ついたころには
すでにアトピー体質でした。

心配した親が、病院や民間療法など
さまざまな治療法をためしても
効果はあらわれず、症状はひどくなるばかり。

そのままぼくは社会人となり、
大手ハウスメーカーに就職が決まったうれしさに
いきごんで働きはじめました。

「絶対ここでがんばるんだ!」という
前向きな気持ちとはウラハラに
ぼくの身体は
どんどん悲鳴をあげていったのです。

アトピーの身体にかまうどころか
アトピーに「よくないこと」ばかりしていたからです。

コンクリートの粉じんが舞う環境と
降りそそぐ直射日光、紫外線。

働きづめて汗まみれな身体で帰るぼくを
待っていたのは、
一晩中、痛みとかゆみがおそいつづける
「眠れない夜」でした。

かきむしった全身から血がにじんでも
血が服についてひどい見目になっても
はがれ落ちた皮膚が部屋じゅうにちらばっても

身体を引っかく手を、止められない。

それは、人間らしい理性もぶっとんだ
言葉にならない痛みでした。

睡眠不足からなんども事故を起こしそうになり
死への恐怖を感じたぼくは
とうとう仕事を辞め、
実家へ帰ることにしました。

社会人になって一年ほどで、無職に。
当時のぼくは
自信も野心もこっぱみじんな状態でした。

episode

自然素材で治せるアトピーがある!

実家に帰ったぼくは、
父のリフォーム業にたずさわるようになりました。

人生がいったんリセットされた気分とともに
アトピー治療について、
ふたたび、ちゃんと向き合うように。

いろいろな専門家の方のチカラを借りながら
どん底だった体調を
すこしずつ、治していきます。

そんななか
大きな転機をもたらしたのが
「自然素材」との出会いでした。

最初は、自然素材が
人の健康につながっていると

ぼくはまったく知りませんでした。

でも、建築現場で使うごとに
自然素材が人間にもたらす
「健康へみちびくチカラ」におどろくばかりでした。

自然素材をつかった建築に切り替え、
そしてぼく自身も
自然素材の家で暮らすようになると
長年苦しんできた「かゆみ」や「痛み」が
すこしずつ、確実に、よくなっていきました。

アトピーやアレルギー体質の改善に
自然素材が効果をあらわすことを、
ぼく自身の身体をもって、痛感したのです。

自然素材でできた家づくり
「元(はじまり)の家」プロジェクトは
これをきっかけに始まりました。

episode

アトピーやアレルギーの人が、安らげる家を

自然素材でできた家のよさを
もっと多くのかたに知ってもらいたい。

昔のぼくのように
痛みとかゆみで眠れない夜をすごす人たちへ
「家から健やかになれる方法」を知ってほしい。

身体をかきむしることなく
あんしんして、安らいで
ぐっすり眠れる家をつくりたい。

そう決心して始まった
「元(はじまり)の家」プロジェクト。

しだいに、ぼくのまわりに
ぼくと同じく
自然素材のすばらしさを知って
もっと広めたいと願う
プロフェショナル、かつ
情熱をかかげた仲間たちが集まってきました。

現場の職人集合写真

知識も情熱もひけをとらない、信頼できるプロの集まり。
ぼくが責任者として現場をとりまとめています。

message

あなたに伝えたいこと

アトピーやアレルギーに苦しんでいるあなたへ。
苦しんでいる大切な人を、家族にもつあなたへ。

アトピーやアレルギーは多岐にわたり
「これさえすればOK」という特効薬も方法も
今のところ、ないようです。

そのうえで、
「かゆい」から楽になる
大きな選択肢のひとつが
「家」です。

あなたに伝えたいこと。

「家から治せるアトピーやアレルギーがあります」

ぼくの苦しみを取りのぞこうと
あらゆる治療法を試しつづけ
あきらめなかった母や

ぼくの身体にいいのではと
自然素材をつかった建築を
提案してくれた父のように。

こんどは、ぼくが
あなたや
あなたの大切な人のために
ぼくのチカラを使わせてください。

たいせつなことを
もういちど、伝えます。

から治せる「かゆい」があります。

「ぐっすり眠れる夜」を
家からつくることも、できるんです。

あなたのチカラになりたくて
ぼくはこのサイトをつくりました。

電研 かゆいん課 なくす係15年
「かゆいを家から治すよ」プロジェクト
杉浦元記(げんさん)

子ども二人を肩に乗せる写真